« 梅雨明けはまだ? | トップページ | 未来がわからん »

2006.07.25

博打みたいな仕事

ある機械の改造をする必要が出ました。ところがその機械、プログラマブルシーケンサ(PLC)というコンピューターが16年前の物で、メモリ容量が足りません。そこで現行モデルの物に交換する事にしました。

先週から前段取り、特にシーケンスプログラムの作成です。これは一から書かなくてはならないので、間違わないように慎重に作成します。完成したものを3回も見直し、これで間違い無い!?

そして昨日、PLCを交換しました。配線数は約100本なので、そんな大したもんではないのですが・・・、とにかく配線場所が狭くて、手には赤い斑点だらけになりながらの作業でした。ここまでで約7時間、1日がかりでした。
とりあえずこの日は電源が入るか試してみて・・・、あれ~電源入れたらいきなり機械がゆっくり回り始めた!やばい、速攻で電源を落としました。これは中古のPLCを使ったので、前のプログラムが残っていたからでした。機械は大丈夫だったんですが、危うく大チョンボするところでした。その後、新プログラムを入れて電源ON。今度は大丈夫です。これでこの日の作業終了。

日は変わって今日、材料無しでの稼動確認です。電源を入れ数分待機。これは、焦げた匂いがしないか? 火花が出ないか? などを確認するため。(電源はAC380V/AC200V/AC100V/DC24V)
次にチョットずつ動かす寸動モード。これはPLCが制御している駆動部などのタイミングなどを見て、機械が引っ掛かったりしないかの確認。これもOKだったので、いよいよ連続運転です。
スイッチを押し、無事運転。この状態で数分運転。次にストップスイッチを押し停止。ところが止まりません!ぬぉ~再度やばい!。この状態のままパソコンでプログラムを確認。ある1つの接点が入力されていませんでした。原因はPLCの増設ユニットにDC24V電源を配線するのを忘れてました。すぐにプログラムを運転状態で変更し、ストップスイッチで停止。再度プログラムを元通りに組み直し、増設ユニットへ電源配線を追加。これでOK
他に細かい部分の運転状態を確認し、以上で空運転での稼動確認は終了しました。

次は今度の木曜日か金曜日に実際と同じ条件で稼動確認を行います。それでOKなら、本来の改造を行い、この機械は飛躍するのであります!?

58.0kg/17.7%

|

« 梅雨明けはまだ? | トップページ | 未来がわからん »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博打みたいな仕事:

« 梅雨明けはまだ? | トップページ | 未来がわからん »