« ノートパソコンの白い背景が黄色くなる不具合 | トップページ | 今週もフロントトレッド拡大したRC12R5で走行 »

2009.09.04

12年ぶりの天体写真

1997年に見られたヘールボップ彗星以来の天体写真を撮ってみました。
理由は、甥に頼まれたからですが・・・w

退社したのが18時、そこから目的の場所へ移動する間は空を眺めながら。でも空の多くが曇ってて晴れ間があまり無い。しかも、満月か、それに近い状態なので明る過ぎ。さらに自分は視力が0.7程度なので目立つ星しか見えてません。いわゆる殆ど見えてない状態。条件悪いな~。

現地に到着し、一緒に撮影開始。カメラはニコンD80、レンズはトキナー35mm F2.8 マクロ。あらかじめ絞り開放、シャッター30秒で行けると言われたのでその設定。
撮ってみたら、夜なのに夕方みたいな写真にw。それから絞りやシャッタースピードをいじりながら撮ってみるもマトモな写真無し。それ以前にどうやってピント合わせするのか分からず、ピンボケ写真まで量産しました。思ったよりむずい・・・。

ま、満月みたいに明るいとダメって事で・・・。また新月近くになったらチャレンジします。

Dsc_2089

|

« ノートパソコンの白い背景が黄色くなる不具合 | トップページ | 今週もフロントトレッド拡大したRC12R5で走行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55519/46128619

この記事へのトラックバック一覧です: 12年ぶりの天体写真:

» 天体写真 その2 [京都穴ノ裏]
今日、スポーツジムの帰りに空を見上げたら、月は見えないし、空は晴れてるし。 って [続きを読む]

受信: 2009.09.17 00:36

« ノートパソコンの白い背景が黄色くなる不具合 | トップページ | 今週もフロントトレッド拡大したRC12R5で走行 »