« スノーボードで全身筋肉痛です | トップページ | »

2010.03.29

日立prius AR33M 修理完了

数日前、マザーボード故障でほぼ間違いないと言ってたprius AR33M、今日CPU近傍で膨らんでた電解コンデンサーを交換してみました。結果は、ダメダメ。全く症状は変わりませんでした。

この次に出来る事と言えば、故障したのがどれか確定させる事です。
まず初めに純正のPCIカードを全部外しました。グラフィックカードはマザーボードに内蔵されてますんで、画面は見れます。立ち上げてみると、症状変わらず。

次に追加で取り付けた512MのRAM(DDR)を外しました。そして立ち上げると、正常に起動!!!。再起動しても異常無し!!!。
次に再度512Mを取り付けたら症状再発。
さらに、512Mと純正の256M RAMとスロットを入れ替えて起動したら初期の変な紋様が変るものの、勝手に再起動連チャン。
ここでほぼ512MのRAMが原因と思いつつ、マザーボードの件もあるので、さらに詰めていきます。
次は512Mだけをスロットに差して起動。そしたらまた初期に変な紋様が出て勝手再起動の繰り返し。
また純正の256Mだけに戻したら正常起動しました。

と言う事で、色々やってみた結果、後から買った512MのRAMが壊れてたのでした。
とりあえずお金の掛からない壊れ方だったので良かったのと、良い勉強になりました。

画像の左側矢印の先に写っているのが壊れてたRAM、右側の矢印が交換したコンデンサ一個です。

Dsc_2499

|

« スノーボードで全身筋肉痛です | トップページ | »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日立prius AR33M 修理完了:

» 日立prius AR33M 懲りずにまた512MBのメモリ追加 [京都穴ノ裏]
先日512MBのメモリが故障した日立prius AR33Mですが、懲りずにまた5 [続きを読む]

受信: 2010.04.05 23:16

« スノーボードで全身筋肉痛です | トップページ | »