« レッツⅡのウエイトローラー交換とラジコンタイヤ作成 | トップページ | レッツⅡで天国から地獄へ »

2010.09.11

レッツⅡのエンジンヘッド外してみた

エンジンが冷えたので、ヘッドを外してみました。
エンジンカバーを外したときにシリンダー冷却フィンがオイルだらけでもしかしたら! って思ったんですが、どうも無さそう。
Dsc_2975

燃焼室も綺麗し、シリンダーもカジリ無し。見た感じはコンディション良しです。
でも走行距離が10,000km近く走ってるのに、この状態は無いのでは?との思いもありますが・・・。一回オーバーホールしたのか?
燃焼室は紙ヤスリで軽くさらっときました。ピストンヘッドはブレーキクリーナーと歯ブラシで軽くさらっときました。
Dsc_2976

Dsc_2978

ついでにジェネレーターが死んでないか、バッテリーを外してバッテリーへ刺さっているコネクター部分の電圧を測定。エンジン回転を上げると11V以上には上がってました。それ以上エンジンを回すと振動でバイクがすっ飛んでいきそうだったので止めましたが、大丈夫なようです。

ん~、キャブ? オーバーホールしきれてない箇所が有るのか?
それともマフラー詰まり?。でも放置される前はちゃんとスピード出てたみたいやし・・・。
オイルポンプが死んでたらシリンダーにカジリ跡が有るだろうし・・・。

|

« レッツⅡのウエイトローラー交換とラジコンタイヤ作成 | トップページ | レッツⅡで天国から地獄へ »

自動車・バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッツⅡのエンジンヘッド外してみた:

» レッツⅡで天国から地獄へ [京都穴ノ裏]
さっき、チャンと走らないレッツⅡに近所のスーパーへ買い物に行きました。エンジン始 [続きを読む]

受信: 2010.09.11 15:37

« レッツⅡのウエイトローラー交換とラジコンタイヤ作成 | トップページ | レッツⅡで天国から地獄へ »