« 昨日に引き続き、家の中の整理 | トップページ | 京都市の串八で晩ご飯 »

2011.06.11

小説「わんくら」 犬が主人公、面白いで

私は小説をほとんど読みません。前回読んだ小説は10数年前というくらいです。普段は初歩の物理学本を読むことが多いです。

そんな自分が数日前に読んだのが 粥川 みどり さんが書いた「わんくら」。犬が主人公で、犬の倶楽部で働くという設定。犬を飼ってる人なら分かる楽しさもあるし、知らない人でも面白いと思います。

新品は1,000円ですが、さすがにこの値段では買う気はおきません。中古本屋さんで100円だったので・・・。この値段なら十分です。

Dsc_0711

|

« 昨日に引き続き、家の中の整理 | トップページ | 京都市の串八で晩ご飯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小説「わんくら」 犬が主人公、面白いで:

« 昨日に引き続き、家の中の整理 | トップページ | 京都市の串八で晩ご飯 »