« T-REX450 PRO V2のラダー不調 原因判明 | トップページ | T-REX450 PRO V2 FL ラダー不調から復活 »

2013.06.09

DT50での原チャリツーリング&故障箇所多発

昨日6月8日、soltlookさん、kamisamaさんと3人で奥琵琶湖パークウェイ・小入谷峠と走って来ました。走行距離310kmです。今回は300km程度のツーリング予定だったので調度良い感じでした。

しかし、DT50は良い感じは殆ど有りませんでした。
良かったのは、キャブセッティングで10,500回転まで良く回るようになったこと。惰性では11,000回転まで使えます。

アカンかったのはみんカラに書いてますが、大きいのは左右のフロントフォークのインナーチューブが曲がってたこと。ウォーターポンプのオイルシール劣化で冷却水がミッションオイル側に侵入してた事。
あと、リアホイルの振れ。もしかしたらスポーク張り直しで治るかもしれないので期待しときます。

今日、それらの修理をするためフロントフォーク外し、クラッチケースカバー外し、ウォーターポンプ外し、メーター電球交換とか色々と朝から晩まで作業してました。

17時に作業を止めたんですが、その後家に入ると微妙に吐き気もしました。
昨日の長距離ツーリングはしんどくなかったんですが、今日の修理といい、精神的にも疲れたかw

Dscn0127

|

« T-REX450 PRO V2のラダー不調 原因判明 | トップページ | T-REX450 PRO V2 FL ラダー不調から復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55519/57557776

この記事へのトラックバック一覧です: DT50での原チャリツーリング&故障箇所多発:

« T-REX450 PRO V2のラダー不調 原因判明 | トップページ | T-REX450 PRO V2 FL ラダー不調から復活 »