« 粟鹿山林道&砥峰高原ツーリング | トップページ | 立雲峡とサバゲーフィールドWEED確認 »

2016.05.21

アルテッツァメンテとコンデジS9300分解で感電

午前中、SXE10アルテッツァのメンテナンス実施。
以前から右フロントから「キコキコ」と音が発生していたので原因追求です。がしかし原因不明。ショックが原因かも?との考えから左右のショックを入れ替えてみました。
すると走行時の音はしなくなりました。ただ、停止状態でハンドル真っ直ぐか左方向へ切っている時は発生し、右に切った状態では発生しません。何なんだろう・・・。

そのメンテナンス状態をニコンのコンデジS9300で撮影。
以前にも書きましたが、このデジカメは買った時からピントが合わないという現象が頻繁に発生。去年からは設定モードに入ると勝手にモード選択が上下に動いて止まらない現象頻発。
一回バラしてモード選択異常は殆ど発生しなくなりました。しかし、今度は設定モードに滅多に入らなくなる現象発生。後で分かったことですが、このトラブルは自分のせいでした(^_^;)

もうこんな状態のコンデジ使うのは嫌なので捨てることにしました。となると、分解してみたくなるw。早速分解していたら、フラッシュ用コンデンサで左手人差し指を感電!! こういう業界で仕事しているのでこうなる事は分かってはいたんですがw。
この機種はコンデンサが2個付いているので、あと一個も感電の可能性あり。で、その後やっぱり感電しました。今度は右手人差し指ですw。両指ともコンデンサ端子の幅で指先に白い点が2個づつ出来ました。結構キタ~!!
このS9300、たった3年しか使えませんでした。正常に使えたのは1~2ヶ月だけ。最低機種でした。もうニコンのコンデジは買うの嫌です。ちなみにこれまで使ってきたコンデジはフジ、カシオ、パナソニックですが、何の問題も無く長く使えてました。

さて、今持っているデジカメはニコンのD700とパナソニックのGF3です。普段使いではこれらのデジカメは使いにくいので、新たにコンデジ買うか迷ってます。

P1010676_01

|

« 粟鹿山林道&砥峰高原ツーリング | トップページ | 立雲峡とサバゲーフィールドWEED確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55519/63666739

この記事へのトラックバック一覧です: アルテッツァメンテとコンデジS9300分解で感電:

« 粟鹿山林道&砥峰高原ツーリング | トップページ | 立雲峡とサバゲーフィールドWEED確認 »