« 左上側の犬歯すぐ奥側の歯を治療 | トップページ | 前アルテッツァ部品取りと現アルテッツァのアイドリング不安定要因探り »

2019.05.11

グランドシビック&旧アルテッツァのワックス掛け&草刈り

 10時頃から、EF9グランドシビックとSXE10アルテッツァ(前に乗っていた)の天日干し。

シビックはカバー開けるのが半年ぶり、アルテッツァは2年ぶりです。

シビックはコンクリートの所に置いているので問題無し。

アルテッツァは土の上だったのと2年放置したのでエンジンルーム内のアルミパーツがゴッツ腐食してました。しかもハンドルはカビだらけで真っ白、カタツムリの残骸なども多数見られ、マジきもい。

 

両車ともバッテリーは死んでるので、今のアルテッツァから電源を引っ張ってエンジン始動。両車ともすんなり始動しました。

それを確認後、水洗いと拭取り不要のワックス掛けを実施。

最後は両車ともコンクリートの上に駐車。

 

そして草刈り実施です。200坪近い敷地ですが、1~2ヶ月程前に除草剤撒いてたので草ボーボーでは無く、短時間で終了。

途中、GAKU2さんが借り物EOS5D Mk3持参で撮影に来られてました。シビックカッコよく写ったかなぁw

途中の水分取りが不足していたようで、現在少し頭痛発生。微妙な熱射病になったようです。

Dsc_2057_01_1

|

« 左上側の犬歯すぐ奥側の歯を治療 | トップページ | 前アルテッツァ部品取りと現アルテッツァのアイドリング不安定要因探り »

自動車・バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 左上側の犬歯すぐ奥側の歯を治療 | トップページ | 前アルテッツァ部品取りと現アルテッツァのアイドリング不安定要因探り »